2013年12月28日

要人救出大作戦・おっさん軍団再登場だ!

 来年のことを言えば鬼が笑うと申しますが、われらがフロントミッションセカンドもまだまだ序盤。これから3・4・5にガンハザとプレイせねばなりませんから、他のゲームをやってる暇はないな、こりゃ。

 なにはともあれ、現在は全エネルギーを集中してFM2と格闘中だ。1ステージに2時間3時間は当たり前という、スタミナと根気勝負の恐ろしいゲームですからね。ストーリーも戦闘もいいんだけど、ひたすら疲れる点だけ何とかしてもらいたいです。



 救出した捕虜を連れて前線基地まで帰ってきたリーザたち。すると、あわただしく次の作戦が進行中でした。無能上司・ホードマン大佐の発案で、首都を襲撃して大使館の要人を救出するというのです。

 どう考えても無謀そのもの、作戦中止を具申するリーザでしたが、アホ上司は自信満々。そればかりか「君たちにも陽動部隊として参加してもらうぞ」などと言い出す始末です。

  map7a.jpg

 とてもやってられないわ状態のリーザとサユリですが、命令は命令なので、従うしかないのが軍人の辛いところ。

 というわけで、まずは装備を整えまーす。といっても、たいして目新しい武器もないんだな。このゲームは前作と違って、パーツを換えても絶対的な戦力差にはならないのです。次の戦闘ではヘリやジェットを相手にするので、遠距離型のリーザに対空ミサイルか対空ロケットをつけておくこと。



 んで、首都ダカへ行ってみますと、結構な数の敵がいます。こっちは中途半端な強さの四機だけなので、苦戦は必至。バカな上司だけやる気満々という、非常にわかりやすい状況だ。

 こちらはファーストを覚えているコーディを先頭に立てて前進。向かってくる敵を囲んで順番に倒しながら、まっすぐ先にある大使館を目指します。

 マップ右側にも敵の一部隊がいますけど、これはホードマン大佐たちと適当にやりあっていただく。結局味方は全滅しちゃいますが、ある程度の損害は与えてくれるから、あとの戦闘は楽になる。

  map7b.jpg

 前方の敵を蹴散らした頃に、こっちの輸送ヘリが大使館上空に到着。しかし、それと同時に敵の戦闘機が出現して、一転窮地に立たされます。

 そのとき、懐かしのおっさん軍団が登場し、助っ人参戦してくれる。なぜか全員対空ミサイルを装備しているので、三機の戦闘機のうち二機は引き受けてもらえるでしょう。あと一機は攻撃が追いつかずにこっちへ向かってくるけど、リーザとサユリで迎え撃てば問題なし。

 で、あとは残った敵をぶん殴って全滅させれば、輸送ヘリが脱出してステージクリアという流れです。



 稀に見る大規模作戦で、非常に派手だし時間もかかるステージ。だけど敵はそんなに強くないので、クリアするのは難しくありません。前半の戦いを手際よく切り抜けるのがコツですね。片腕飛ばされるのは想定内。でも序盤に一機でも両腕やられちゃったら、あとが厳しいからやり直した方がいいかもね。

 このあとしばらくは、お嬢組とおっさん軍団が共闘するという、不思議な展開で話が進みます。

 といったところで、本日はお開き。お疲れ様でしたー。


posted by ドンキーDX at 16:35| Comment(0) | FM2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

殴ってナンボのお姉さんと捕虜収容所襲撃

 今さらながら、完成度の高いシミュレーションRPGだと感心させられる、われらがフロントミッションセカンド。地獄のロード時間さえ改善されれば、ほとんど神ゲーと言ってもいいのでは……。

 これはちょいと言いすぎですねー。でも序盤で投げたまま、食わず嫌いの人も多いんだろうなあ。



 さてさて、お嬢編に突入しまして、前回は最初の戦闘にしてはかなりキツかった。そして今回は……難しいことはほとんどないんですけど、やることは多いし時間はかかるし、やたら面倒という一席。気持ちを静め、何も考えずに淡々と進めていくのがコツですな(本当に神ゲーなのか?)。

 グリフをつれて前線基地に戻ったリーザとサユリ。責任者のホードマン大佐に面会しますが、こいつがやたら権力をかさに着た、絵に描いたような無能上司なの。こんなアホはほっといて、独自に調査を進めることにします。

  map6a.jpg

 というわけで、一行はドゥカンディの町へ行きまして、サユリの知り合いを訪ねます。

 ところが、その相手は闘技場のチャンピオン。雑魚との戦闘に五回勝利しないと、会ってもらえないそうです。面倒だけど、闘技場でひたすらファイトするしかない。この段階で一番強いサユリがタイマン勝負するのが手っ取り早いでしょう。

 で、五勝したあとチャンピオンにも勝つと、そのご本人である黒人女のコーディ姉さんが姿を現し、仲間になってくれまーす。


 サリバシュのアジトへ行って装備を整えますが、このときに実験機を貸与されるイベントあり。借りても借りなくてもいいんだけど、報酬は出るから使ってみてもいいでしょー。

 とりあえずコーディとグリフに両手ナックルを装備するのを忘れずに。あとリーザの両肩にミサイル、予備の弾丸も持っておきたい。弾が切れたらやることなくなって、レベルアップもできませんからね。



 セットアップがすんだら、捕虜収容所へ行きます。あくまで偵察のはずでしたが、突然謎の戦闘ヘリが出現して収容所を襲います。リーザたちは、この混乱に乗じて、どさくさまぎれに捕虜を奪還することにしました。

 この辺、ムービーが連続して盛り上がるところなんですが、普通にプレステでやると、いちいち数分待たされるというロード地獄にはまります。よほどの人格者でなければブチきれますね、これは(笑)。

 つーことで、やっとこさ今回の戦闘ステージ開始です。

  map6b.jpg

 こっちはレベル5から6になっていて、ほとんどの敵はレベル1ですので、はっきり言ってかなり楽な戦いですね。とにかくコーディ姉さんが強いので、積極的に前に出してぶん殴ってもらいましょう。

 しかし、楽とはいっても、コーディとグリフの格闘タイプはどうしても先手を取られちゃうので、無用のダメージを負いがちです。狭い通路を進むために協力攻撃も難しいですけど、最低限、二機がコンビになって交代で突っ込むようにした方がいいですね。

 コーディはおそらく途中でファーストを覚え、さらに無敵になるでしょう。とにかく彼女にぶん殴ってもらい、リーザのミサイルでとどめというパターンでいきたいところ。セオリーからすれば逆なんだけど、序盤は遠距離型の育成が難しいですから。


 敵ユニットを全滅させると、収容所から脱出してステージクリア。なんか、乱暴な姉さんがガンガン殴ってばかりいたという印象が残りますが……。これがフロントミッションの伝統でしょうか。

 ここまで三時間は軽くかかってるなー。いやあ疲れた。そんなこんなで、また明日。
posted by ドンキーDX at 17:06| Comment(0) | FM2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

お嬢編開始だ!小手調べにしてはキツくないですか

 年末ですが、相変わらずほとんど全エネルギーを費やして、フロントミッションセカンドをプレイ中。プラグインをいじったらようやくePSXe1.9.0が安定してきたぞー。

 動作さえ快適になれば、これほどの名作シミュレーションRPGはそうそうないですからね。ぜひたくさんの人にプレイしてもらいたいっす。今なら中古屋で200円くらいで買えるから(って、安っ)。



 まあいいや、今日からはガラッと気分を変えて、リーザとサユリを中心にしたストーリーに突入しまーす。

 サユリはノリのいい普通のねーちゃんですが、リーザはお嬢様というか「姫」という感じ。さしずめ、声を当てるのは今は亡き井上瑶でしょうかね。

 このふたりのお姉ちゃんたちは、OCU情報部に所属して怪しい活動をしているみたいです。リーザは遠距離タイプで、サユリの方は近距離型。だからまずセットアップを開いて、サユリの対空ロケットをリーザに付け替えておくこと。アイテムなしから始まるので、他にやることはありませんねー。

  map5a.jpg

 そして、まず最初のステージである捕虜奪回作戦にレッツ・ラ・ゴン。

 捕虜を乗せた敵のヘリを捕まえるのが目的なんですけど、多数の戦闘ヘリが周囲を護衛しています。こちらもヴァンツァーとヘリの友軍部隊が突撃するんですが、なにしろ弱っちいので全くあてになりません。

 適当に前衛がやり合った頃に、ようやくリーザとサユリが追いついて、残った敵(ほとんど残っているけど)を殲滅していきます。



 最初の小手調べにしては、孤立無援でやたらキツいステージです。

 基本的に、リーザが対空ロケットと対空ミサイルを撃ってHPを削り、サユリが飛び込んでマシンガンでとどめ、というスタイルで数を減らしていく。でも、こちらはまだ弱いし、敵の攻撃が当たるか外れるかは運まかせなので、下手をしたら二人とも早々に武器腕を破壊されて詰んじゃうということも(泣)。

 この場合は、運が悪かったと思ってやり直しましょう。

  map5b.jpg

 近距離型のサユリは面白いようにレベルアップしていきますが、リーザはなかなか育ってくれません。このゲームは遠距離型の育成が非常に大事なんだけど、序盤は攻撃が当たらないのが難。といって、ここで諦めてしまってはあとあと悲惨なことになるんですよねー。


 輸送ヘリがマップから逃げちゃう前に、戦闘ヘリを全部落としたらクリア。捕虜の中にグリフがいたことから、ストーリーは新たな方向に転がっていくのでした。

 というわけで、最初なのにやたら疲れるステージでした。また明日も元気にいってみよう。じゃーねー。
posted by ドンキーDX at 15:58| Comment(0) | FM2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。