2013年12月15日

ここは港町……とか言っとる場合ではないぞ

 フロントミッションの公式ガイドブックを持っていたはずなのだが、物置きを探しても見つからなかった。ガタガタ引っかきまわしているううちに、頭を打つわ手を切るわで散々である。これならアマゾンで数百円出して買い直した方が早いわ。


 などとぼやいていないで、終盤にさしかかったFM1を確実にこなしていきましょー。


 前回の終了後、そのまま移動すれば港町ルーピディスに行けるんだけど、それだとすぐに次の戦闘に突入してしまう。さすがにこれはきついので(年齢的にw)、一度どこかの町に戻ってセーブとセットアップをすませておきましょう。

 残念ながら、この前の武器商人キャンプは消えてしまうので、ナタリー・キース・JJの出戻りトリオの装備を強化することは、ここではできない。

 このあたりになると、新パーツと旧パーツの能力差が激しくて、主要キャラが前線に突っ込む場合は、古い機体ではちょっとつらいんだよねー。

  倉庫1.jpg

 さて、ようやくルーピディスにたどり着いたわれらが暴力集団・キャニオンクロウご一行。 しかし、港の周辺にはヴァンツァーがびっしり配備されて、指名手配のテロリスト集団が来るのを待ち受けている。

 「よし、速攻でこいつらを片付けて、空き倉庫にヴァンツァーを隠そう」「ほんと、行き当たりばったりね」というわけで、なし崩し的に戦闘に突入します。

 しかし隠そうといっても、こんだけ派手に大量のヴァンツァー同士がぶつかり合ったら、ちょいとした地域紛争だと思うんだけど……。


 このステージ、一同がかたまって南下しつつ、一体ずつ撃破していけば問題ありません。ただ、前述のように最新ユニットと二番手以降の機体の、パーツ防御力がかなり違ってきてるんですよねー。だから、二軍の機体に敵のミサイルが当たると、意外と被害が出てしまう。

 特にシールドなしのユニットの場合、一発目を防げないわけだから、運が悪いとボディに三連発を食らって即死ということもありうるのです。

 ロイドがやられなければいいというルールですけど、二軍キャラは死んでばかりいてはレベルアップできませーん。

  倉庫2.jpg

 とりあえず、速攻で(?)敵部隊を片付けて、どこかに隠れようと考えていると、一台の車が近づいてきました。

 「敵か?」「いや、あれはドクター・ブラウンだ」……いつか野戦病院で出会った、元OCUの脱走軍医です。

 「おまえたちがこの町に来るという評判を聞いて、待っていたのじゃよ」というくらいだから、悪のテロリスト集団キャニオンクロウの名前は、いまや思いっきり世間に広まっているらしい。


 とにもかくにも、ドクターの手引きで安全な場所に隠れることができました。残りステージも少なくなってきて、なんとなく寂寥感も漂ってきましたが……このつづきはまた次回。ばっははーい。


posted by ドンキーDX at 13:55| Comment(0) | FM1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。