2014年03月27日

目指すは上海!!イマジナリーナンバーの秘密

 Windows XPのサポート切れが間近に迫ってきましたね。

 XPの旧マシンにLinuxを入れて延命させようか、とちょっと考えたんですが、もう体力の限界!なマシンなのでこのまま眠らせてやった方がいいようです。なんだかんだで10年も使っていたしね。

 最後の方は電源ユニットが突然止まったり、ヒートシンクのバネが外れてふっとんだり(アロンアルファで固定した)と、トラブル続きでした。しかし、いざ引退となるとやはり寂しいです。



 そんなことはさておき、フロントミッション・サードのつづきをとっとと行ってみよう。


 ランが命令違反してまで命を救った少年・コォワンでしたが、彼は華蓮団のリーダーでした。まもなく処刑されるというので、和輝たちは一計を案じてコォワンを逃がすことにしました。

 おっさんとアリサ、美穂の三人はブリッジで小芝居を打って、移動要塞のセキュリティ・システムを撹乱。その間に、和輝たちはランとコォワンが監禁されている独房に忍び込みました。

 すべてをランの裏切りという筋書きにして、二人を一緒に逃がそうというのです。

 もはや軍にはいられなくなったランも、この計画に同意。

  fm407.jpg


 次の戦闘ステージは、さきほどと同じく、格納庫の無人ヴァンツァーを蹴散らすだけ。いわば通過ステージで、しかも今回は4機出撃のうえにNPCでランが加わるので、さらに戦いは楽になります。

 基本は離れた位置から格闘型を攻撃して、同時にライフル型の配置に気を配ること。敵のターンでは格闘型のパンチを盾で防ぎつつ、ライフルには反撃というパターンを繰り返す。これで問題なく圧勝できるでしょう。


 注意すべき点は、ランが撃破されるとゲームオーバーになっちゃうこと。そういうことはまずないと思いますけど、ランのボディーが危なくなったらリペアで回復してやりましょう。

 ランは火炎放射を装備しています。敵とかNPCで出てくると非常に強力な火炎放射ですが、いざ味方になると途端に使えなくなるのはどうしてでしょうか(笑)。



 戦闘終了後、ランとコォワンはまんまと逃亡。ジュ司令官は出世の道を断たれてガックリしてしまい、和輝たちはそれを横目で見ながら、武漢で移動要塞から降りて航空機に乗り換えます。

 しかしこいつら、行く先々で大暴れして人々に迷惑かけてまわっている感じですね。


 漢口空港で飛行機の準備を待っていると、イヴァンという男に出くわしました。この男、元はイマジナリーナンバーで、現在は研究所から逃走して華蓮団のリェンホワにかくまわれていました。

 おっさんに正体を見破られたイヴァンは、ヴァンツァーに搭乗してつっかかってきました。

 エマ編では影のヒロイン(そうなのか?)だったリェンホワが、今度は敵に回って戦闘開始です。

  fm408.jpg


 このステージ、敵の数が多くて、しかも変に強くて、まともにやると大苦戦してしまいます。

 しかし種を明かせば、イヴァンの機体さえ倒せばステージクリア。ほかの敵は完全に無視しても、評価にはまったく影響がありません。

 アリサはミサイルでイヴァンを狙い撃つとして、残りの3機は右に動いて、邪魔になる敵の機体とヘリを片づけましょう。無理して倒さなくても、前方への進路さえ確保できればそれでよし。

 あとは一斉にローラーダッシュしてイヴァンに近づき、集中攻撃で撃破すれば終わりです。


 ところがですなー。イヴァンはエスケープのスキルを持っていて、これが肝心なときに実に都合よく(都合悪く)発動するんですね。それで妙に長引いて苦戦しちゃうこともしばしば。



 瀕死のイヴァンは、アリサを見て「おまえもなのか?」と意味深なことを言います。そこを容赦なく射殺してしまうおっさん。

 つまりは、アリサもイマジナリーナンバーなんですけど、そんなことはまだ秘密です(笑)。


 といったようなところで、本日のプレイ日記はお開きでーす。また次回も元気に遊びましょー。それではみなの衆、ばっははーい。



posted by ドンキーDX at 14:26| Comment(0) | FM3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。