2014年04月21日

日本編突入!クーデター軍と対決開始だ

 われらが不朽の名作フロントミッション・サードも、いよいよ終盤の日本編に突入だ。

 これまで何十周もプレイしているこの能天気ゲームですけど、このあたりになるといつもある種の寂しさを感じるのがおかしいですねー。



 とか言いながら、和輝たち一行はまだ上海あたりをさまよっているのでした。日本へ渡る前に、まだいくつか片づけなくてはならない小ネタが残っています。ここはストーリー展開を見るだけなんで、ボタン連打でさっさと飛ばしましょう(こらこら)。



 この段階では、エマお姉ちゃんは死んじゃったものと思い込んでいるアリサ。すっかりふさぎ込んでいるので、メンバーたちは和輝をけしかけてデートに送り出しました。

 血の繋がらない兄妹とはいえ、実質ラブラブの二人ですので、いいムードでいけない逢引き(?)を楽しんでいますと、一人の大人な女性が近づいてきました。この女はCIU(OCU情報局)のエージェント・メイヤー姉さん。彼女は、日本でクーデターが起こったことと、ルカーヴとエマが日本にいるという、衝撃の事実を告げます。


 「よかった……お姉ちゃん、生きてたんだ」と安堵するアリサ。一方、メンバーたちに引き合わされたメイヤーは、美穂タンが実は日防軍のスパイであることをバラしちゃいました。

 「いいかげん、観念するのね、新条さん」
 「はあ、ここにきてバレちゃいましたか……」

 美穂は当初、黒井の命令で和輝たちを監視していました。ところが、一緒に戦っているうちに気が変わって、本当にこちらの仲間になってしまったのです。「もういいよ。美穂の行動に嘘はない」とあっさり許しちゃう、女には甘い和輝。



 こうして美穂の件は片付いたけど、残るはリュウのおっさん。本心では仲間に戻りたいのですが、それでは男の面目が立たず、意地になってつい憎まれ口を叩いてしまうのでした。

 「俺たちは日本へ行く。ルカーヴを倒したいのなら、俺たちを利用して一緒に来たらどうだ」「わかった、利用させてもらうぜ」と面倒くさい手続きで和解するのも、古いタイプの男の渋さ。



 こうして日本に舞い戻った和輝たち。まずは父・武村大佐の監禁されている呉基地を目指して移動していると、広島森林公園で助けを求めるヴァンツァーと遭遇。黒井配下の特殊部隊に襲われているようです。

 というわけで、いろいろありましたがようやく戦闘ステージにたどりつきました。いやー長かった。

  fm413.jpg


 ここでは五木少尉のヴァンツァーを救出するのが目的。でもマップの一番奥にいるし、攻撃されてもとりあえずは盾防御するしで、放っておいても撃破されることはほとんどないでしょう。

 気になるようなら、ローラーダッシュで奥まで突っ込んで、敵の注意をこちらに向けるようにすればいい。

 注意点といいますか、盲点なのは木を倒しながら進んでいけば楽に戦えるということね。障害物を破壊できるというのが、このゲームの大きな特徴。初回プレイなんかだと、意外と気がつかずにやっている人がいるもんで。



 戦闘終了後、五木の案内で海田基地に入った和輝たち。クーデター軍に対抗するため、周辺の部隊を糾合することを提案しますが、司令官は「日本人同士で血を流すわけにはいかない」と煮え切らない態度です。

 一方、美穂タンは彼氏(元カレ?)の盛中尉と再会して……てなわけで、日本に舞台を移してストーリーはますます盛り上がっていくのでした。この続きは、また次回をお楽しみにー。



posted by ドンキーDX at 14:21| Comment(4) | FM3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれ?ここで終わり!?
Posted by at 2015年02月08日 20:54
日記はここで終わっている…
Posted by at 2016年02月21日 22:04
フロントミッション 攻略でたどり着いたけど
主の小言が面白かったよ
フロントミッション4の日記でもやってくれ
Posted by at 2016年06月08日 05:50
ますます盛り上がっていく手前で終わってて草
Posted by at 2019年12月15日 01:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。