2013年12月19日

さらばスーファミ、さらばフロントミッション

 というわけで……もヘチマもないのだが、フロントミッション一作目のプレイ日記もあっという間に最終回となってしまいました。

 このゲームが発売されたのは、スーファミもすでに末期で、名作が連発されて異様な盛り上がりを見せたいわば爛熟期でしたねー。僕はリアルタイムでプレイして、それまでのRPGとは全く異質な世界観に、文字どおりぶっとんだ思い出があります。

 若い読者ちゃんの中に、このサイトを見て興味を持ってくれた人がいたら、新機種でも出てますからぜひプレイしてもらいたいですね。

  last1.jpg

 などとしみじみ語っている場合ではなくて、まだ最終決戦が残っているのでした。

 でもやることはほとんどないんだよな。敵の本拠地であるロングリバース島へ乗り込んだ一行。そこは野生動物の保護地区で、人間の出入りが禁止されている場所でした。秘密基地を築くにはもってこいということ。


 ここで、ようやくストーリーの種明かしがなされまーす。ヴァンツァーの制御装置に人間の脳を使うという悪魔の計画、それを実行したのはサカタ・インダストリィでしたが、黒幕として糸を引いていたのはザーフトラ共和国でした。

 そして、われらが宿敵ドリスコルは、もともとザーフトラの出身だったのでーす。


 この最終ステージでは全ユニットが出撃できます。まあ二軍のみなさんには、ほとんど活躍の機会がないけどね。

 前衛部隊を蹴散らして、坂田社長の乗るヴァンツァーを倒すと、やっとこさドリスコルと決戦です。ドリスコルは全身機械になっちゃって、壁だか床だかに固定されている。近づくと撃ってきてうるさいから、遠くから全員でミサイルを叩き込めば楽勝。

 すると「まだだ、まだ終わらんよ」とばかりに、いつもの機動兵器で生き返ってきます。これも接近したらスピードを使われてキツいので、遠巻きにしてみんなでミサイル乱射。なんのことはなく戦闘終了です。難易度的には、最後の最後までこのヌルさ。なめとんかワレ、という感じです。

  ending.jpg

 あとはエピローグで、「もうこの島にも用はねえ」とか言ってみんな去っていってしまい、ロイドとゲンツだけが残ります。なかなかカッコよくて泣かせるシーンです。

 それでロイドとゲンツがゲリラ組織を結成してドンパチやっていると、「俺たちも仲間に入れてくれや」と全員帰ってきて、暴力装置キャニオンクロウ再結成だ!という、なんだか妙に明るいエンディング。ストーリーがネクラの極致だったので、これはちょいと救われる終わり方ですね。



 ということで、フロントミッションの一作目はめでたく終了。明日からはプラットフォームをプレステに移して、不遇の傑作・フロントミッションセカンドをプレイしていきたいと思いまーす。面白かった?じゃーねー。


posted by ドンキーDX at 13:35| Comment(0) | FM1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

最後の難関!飛行場を制圧せよ

 なんだかんだ言いながら、早くもラス前になっちゃいました。フロントミッション(スーファミ版)再プレイ日記もいよいよクライマックスですが、改めて難易度の低さに驚かされますね。ストーリーは最高なんですけど。

 もはやこの一作目は、戦闘つきのアドベンチャーゲームと割り切ったほうがよさそうです。


 と言いつつも、この飛行場制圧ミッションは、最初のプレイではかなり苦戦したステージでした。やはり敵の数が多いし、狭い通り道に殺到する感じで攻めてきますからね。

 それにくわえて、ミサイルのドンキーDX2が異常な威力を持っている。単発なんだけど、ダメージ99なので、弱いユニットなら軽くパーツひとつは飛ばされてしまう。

 さっきプレイしたところ、一軍半のイーヒンが一撃死しちゃったので驚きました。

  airport1.jpg

 初期配置では、主要ユニットが左側、二軍のメンバーが主に右側に並ぶようになっています。

 ところが、敵の攻撃は右側のほうがキツいんですね。だからナタリー・JJ・キースは左からステージ上に上がってもらうとして、残りは全部右手に進んだほうが楽に戦えます。

 怖いのはミサイルと、大型機動兵器の砲撃。いずれも接近してしまえば雑魚同然です。ここまでくると、ほとんどのメンバーがデュエルとスピードを覚えているので、マシンガン連射でドッドッドッと破壊しちゃえば、はいそれまでよ。


 空港を制圧してヘリに乗ろうとすると、さらに敵の援軍が……。

 「これじゃきりがないぜ」とぼやいていたら、ブレイクウッド准将が「大丈夫だ、仕掛けはしておいた」と言うがはやいか、地雷が爆発して敵は全滅。そんな仕掛けがあるんなら、先に出せばいいのに(笑)。

  airport2.jpg
  ナタリー「やだ、お父様ったら(赤面)」 ←そういう意味ではありませんw


 こうして、一同はヘリで最終決戦の地へと向かいます。あんだけ大量のヴァンツァーもみんなヘリ一機に乗せたのかしら。などとくだらん疑問を抱いてはいけません。

 次回は感動の最終回。スーファミはこの第一作だけなので(ガンハザは除く)、寂しさもひとしおですねー。ということで、また次回にお会いしましょう。ばいばーい。
posted by ドンキーDX at 15:20| Comment(0) | FM1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

港の追撃戦……強くなりすぎてごめんなさい

 フロントミッションのプレイ日記も、いよいよ終わりが近づいてきました。このあと2、3と続けてやるので、全然終わりじゃないんですけどね。

 しかしさすがにスーファミはこれでお別れかなあ……。と思ったらまだガンハザがあるのでした。


 そんなことより、まずは目の前のステージクリアを目指しましょー。というわけで、今日もダラダラとFM1の攻略プレイ日記をいってみるぞ。


 流浪の暴力集団キャニオンクロウに追いつめられ、港から船で逃れようとする坂田社長。同行する父親の坂田会長は、なにやら沈痛な面持ちです。ここにきて良心の呵責に苦しんでいるようだ。

 そこへ単身乗り込んできた、ぼくらの仲間サカタこと、家出息子の坂田竜二クン。

 「おやじ、もうこんなことはやめるんだ!」「わかった……話し合おう、今からそちらへ行く!」

  ルーピディス港1.jpg

 船をおりて投降しようとしたパパの車を、非情にも狙撃させる坂田社長。車は爆発炎上して、会長は竜二の目の前で命を落としてしまいました(ほんと、ひどい話ですなあ)。



 坂田社長を乗せた船は出港してしまい、そこへ駆けつけたキャニオンクロウは、時間稼ぎの警備部隊との戦闘を余儀なくされます。

 ここで出撃できるのは、すでに出ているサカタの他に8人。三方から囲まれた不利な陣形で、最初にプレイしたときには相当苦戦した記憶があります。

 ところが今回は、順番にツィーゲを持たせて極限までレベルアップしているので、ほとんど消化試合。今ではモーリーにツィーゲを装備してレベル上げ中という余裕ぶりだ。



 FM1のコツは、とにかく接近して武器を持った腕を破壊しちゃうことにつきます。

 2以降だと、まず飛び道具で削ってからパンチを叩き込むというセオリーがありますけど、1でそれをやっていると、無用の損害を負ってしまう。敵のミサイルだけはちょいと強力ですからね。

  ルーピディス港2.jpg

 あっけなく勝利しますと、そこへドクター・ブラウンがやってきて、「空港でブレイクウッド准将が待っている」と教えてくれます。この辺の展開は非常に安易なんですが、まあ終盤だから仕方がないでしょう。

 こうして、このゲームにおける最後の難関(というほどでもない)、空港での決戦に突入するのでした。そんなこんなで盛り上がってきたところで、本日のプレイ日記はお開き。また明日ー。
posted by ドンキーDX at 13:34| Comment(0) | FM1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。